July 2, 2022

代替肉にはメリットがいっぱい!?デメリットもチェックしよう

近年、日本でも注目されている代替肉ですが、原材料は何で作られているのでしょうか?また、代替肉にはメリットが多いといわれていますが、デメリットがないのかも気になりますよね。 そこで今回は、代替肉とは何か、メリットに加え、デメリットもあわせて解説します!代替肉とは、植物性の原材料を使い、肉の食感や味わいを再現した肉のことで、英語では「プラントベースミート」と呼びます。 植物性の原材料には、大豆、エンドウ豆、そら豆、小麦などがあります。これらで作られた代替肉は、大豆ミートやソイミート、フェイクミートなどとも呼ばれています。 最近では、ファーストフード店などでも代替肉を使ったハンバーガーが気軽に食べられるようになり、日本でも浸透してきています。 あわせて読みたい: ミートフリーマンデーとは?週1日の実践で地球に貢献!代替肉のメリットを見てきましたが、ここではデメリットもチェックしておきましょう!代替肉のデメリットは、価格が高めであることです。理由として、代替肉の仕組み上、大量生産が難しいことや、原料の価格の変動などがあげられます。代替肉に関する事業は歴史が浅いため、低価格での販売は今後の課題となるでしょう。畜産業界、また食肉業界へのダメージも、代替肉のデメリットのひとつです。代替肉が世界的に普及し、需要が高まれば、それに伴って畜産肉の需要が減ります。 畜産業に関わる人や、食肉業界で働く人、また精肉店を営む人にも影響を及ぼすことが考えられます。 食肉業界では、大豆ミートの参入も増えており、時代の変化と共に業界の方向性も変わってくるでしょう。 あわせて読みたい: 眼精疲労でなぜ頭痛が起こるの?原因と今すぐできる疲労対策https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/ohanasi01/01-04.html...

Continue reading...